太っている人=ワキガ?ワキガにまつわるウソ・ホントを徹底解析!

ワキガの原因は様々です。

遺伝的なものもあれば、生活習慣によって後天的に発症するものもあります。

しかし中には、本来ワキガとは関係ないのに、誤った知識として囁かれているものあります。

肥満とワキガの関係性


まずは太っている人はワキガであるという認識です。

一般的に太っている人は、汗かきと捉えられがちです。

確かに肥満体形の人の発汗量は、普通体型の人と比べて多いのは事実です。

しかし脇のニオイは、脇から分泌された成分が、皮膚にいる細菌によって代謝されることで発生します。

汗腺から分泌される汗は、もともとニオイがないものなのです。

そのため、単純にたくさん汗をかくからといって、ワキガになるというわけではありません。

また体質の面では、脇毛が濃い人がワキガになりやすいというのも間違いです。

脇毛とワキガには何の関係性もありません。

脇毛からニオイがする場合、汗による分泌物が毛に付着して残ってしまっている可能性があります。

そのためボディーシェーバーなどで処理してあげることで、ニオイを軽減することができます。

脇は身体の中でも蒸れやすい場所です。脇毛がなくなることによって、湿気を発する原因となる密閉感を和らげることができます。

より衛生的な脇を保ちたい場合は、脱毛を検討してみてもいいかもしれません。

汗腺の数を減らすことはできませんが、皮膚の環境をスッキリとさせることで、ニオイの解消が期待できます。

ワキガはうつるもの?

ほかにも、ワキガはうつるという説も間違いです。

ワキガは前述のように、汗腺から出る汗の成分と皮膚の細菌により発するものです。

この汗腺が多い人は、ワキガになりやすいと言われています。

汗腺の数は決まっているため、増えたり減ったりすることはありません。

また人との接触を通して、汗腺に影響を及ぼすこともありません。

汗や皮脂、脂質の量などは人によって異なります。

そのためワキガのニオイを発する物が肌に触れても、それが原因で菌の繁殖を起こすことはありません。

ニオイがどうしても気になるという場合は、洗濯の際、きちんと汚れが取れていない場合があります。

洗濯時にしっかりと菌を洗浄することによって、ニオイはしっかりと抑えることはできます。

まとめ


このように、一見ワキガの原因となりそうなことも、実はそうではないことがあるのです。

汗やニオイを発生させるメカニズムを知り、ワキガの原因を正しく理解しましょう。

そしてもしもワキガが発生してしまったら、原因を考えたうえで、早めに対策を講じることが大切です。