ワキガで試してみたいこと

病院での本格的な治療の前に試してみたいワキガを防ぐ方法は

気温が上がり始め、薄着になるととたんに体臭、特に脇の臭いが気になることがあります。


ニオイの原因はアポクリン腺からでた汗で、汗に含まれる皮脂を菌が分解することでニオイが発生します。

対策をしても改善が見込めず、あまりにもひどい場合は、皮膚科や形成外科などで治療や手術などを検討したほうが良いでしょう。

しかしできれば日常のケアで少しでも軽減したいところです。


日常生活でワキガを軽減する方法を探ってみましょう。

なぜ独特のニオイが出るのだろう?

ワキガは、皮脂を菌が分解することで発生します。

つまり脇に汚れが溜まっていると、ニオイが発生しやすくなるのです。


これを防ぐためにはこまめにシャワーを浴びたり、入浴の際に薬用石鹸を使ったりと常に脇の下を清潔な環境に保つことを意識してみましょう。

脇毛を処理して通気性を良くしたり、日中にこまめにシートタイプの制汗剤で拭き取ったりするのも有効です。

参考:今は簡単に対策グッズがドラッグストアで買える!選ぶときのポイントは?

肉などの動物性のタンパク質や油脂類を多く摂る人もニオイが強くなりがちです。

これは肉類や油脂などを摂るとアポクリン腺が刺激され、汗の分泌が増えるためです。

ニオイが気になる人は普段から和食を中心としたメニューを意識し、野菜や海草類を多めに取ることで、体の中から匂いを抑えることができます。


また喫煙や過度の飲酒でもニオイが強くなる事も解っています。

ワキガが気になる方は、これらの習慣を変えることで改善が見込めるため、意識してみるのもいいでしょう。

衣類を素材から変えることでも、ニオイの軽減に繋がります。最近は機能性インナーなど、合成繊維の衣服が多くありますが、ナイロンやポリエステルなどを使用した衣類は、通気性・吸水性・撥水性など天然素材より劣るものも多く、菌の温床になりがちです。


また布が汗を吸うことで、皮脂の細菌は布の上で分解をはじめます。

するとワキガ独特の匂いが布に残りなかなか取れず、黄ばみになることもあります。

これらを改善するためには、麻や綿などの天然素材を使った衣類に変えることを検討してみましょう。

またニオイが気になる人は洗濯物を数日貯め置かず、できるだけ早く洗うことで、布につくニオイの対策にもなります。

ストレスからも考えられる!?

ニオイはストレスからも発生します。交感神経の刺激により発汗量が増えるためです。

生活習慣を整えて、ストレスを少しでも軽くすることもワキガの対策に繋がります。

最後に、汗をかく人は汗をかかないよう努力しますが、実は汗をかかないことで逆に老廃物の分泌が滞り、より濃縮されたニオイが発される場合もあります。

適度に汗をかくこともまたワキガの対策になるので、恐れることなく、しっかりと汗をかきながら対策をしていきましょう。