ワキガのニオイ

脇汗くさい?相談できずに悩んでいませんか?ワキガとは?

ワキガとは、脇の汗腺にあるアポクリン腺とエクリン腺が活発になった場合に、特有の鼻に残るニオイが出ます。

エクリン腺は、主に体温調節のために出る汗なので、ワキガとは少し違った無臭に近いニオイになり、直接の影響はないと言われています。

もうひとつの「アポクリン腺」が主にワキガのニオイのもとになります。

アポクリン腺から出る汗は、分泌する脂肪酸が皮膚表面の老廃物や繁殖した雑菌などよって酸化されて、アンモニア臭を発する物質が生成されることによってニオイを生じます。

ワキガは、基本的に性ホルモンが増える思春期に発症して、中年期以降はアポクリン腺の分泌量が減るため、軽減していく傾向にあります。

脇汗の量が多いことを「ワキガ」と勘違いされている人もいますが、脇汗の量が多いのは、主に「多汗症」と言われ、エクリン腺から出る体温調節のために外に排出する汗なので、この汗自体は無臭です。

ワキガの直接の原因となるアポクリン腺の量や数、大きさは、遺伝子によって決まっていて、ワキガは、形質が現れやすい優性遺伝によって、親から遺伝します。

それ以外にも、性ホルモンの作用や、生活習慣の乱れによってもワキガを発症すると言われています。

主に黒人や欧米人の多くの人がワキガで、日本人は日本全体の約10%の人がワキガになります。

日本人は、ワキガになる人が少ないのですが、これは祖先の遺伝的なものや食生活が大きく関係しています。

ワキガは日本人にとって不快なニオイと言われ、嫌がられますよね。

人に言えずに悩んでいませんか?

ワキガかどうか判断するには、「耳垢」をチェックするのが一番確実ですよ!耳垢には、湿っていてネバネバしている湿性耳垢と、乾いてカサカサしている乾性耳垢の2つのタイプがあります。

ワキガには、湿性耳垢が深く関与しています。耳の中にもアポクリン腺が存在していて、そのアポクリン腺が分泌する汗によって耳垢が湿ります。

ワキガはそのままにしていても、体に害を与えるなどなく病気になることはありませんが、ご自身が気にしていれば、病気という判断になります。

なかには、ワキガではなく、自臭症や総合失調症など臭いがしないのに幻臭を感じる病気にかかっている場合もあります。

軽度のワキガであれば、わき毛を剃る、制汗剤を使うことによっても軽減されます。

脂っこい食事などを避けるなど普段の食事に気を付けるだけでも効果があります。

重度のワキガは、アポクリン腺を除去する手術などの治療法があるので、一度病院に相談してみてもよいかもしれませんね。