ニオイをブロック

なんとかしたいワキガ対策にピッタリのデオドラント剤はどれ

暑くなってくると気になる全身のニオイ。その中でも特に脇のニオイは気になりがちです。数々のデオドラント剤や制汗剤が発売されていることからも、世の中の多くの人がワキガ対策に悩んでいることがよく解ります。

デオドラント剤には大きく3つの働きを持つ成分が含まれています。
1つは殺菌成分です。ワキガはアポクリン腺から出たタンパク質などを含む汗が、皮脂やエクリン腺から出た汗と混ざり、常在菌が餌にすることでニオイが発生します。この悪臭を発生させる菌の増殖を防ぐことでワキガを軽減させることができます。
次に、その名の通り消臭や防臭を目的とする成分です。どれも不快な匂いをなくすこと、違う匂いでごまかし、より快適に生活を送れるようにするものと様々な効果を狙った成分が含まれます。
最後に汗を抑える成分です。アポクリン腺から出てくる汗自体を減らすことができれば、ニオイの元自体を減らすことができ、臭いの軽減に繋がります。
どの成分の働きを一番に考えられて作られているかは商品によって違います。

形状で見ると、一番手軽な形状といえばスプレータイプです。シュッと吹きかけるだけの手軽さで、乾きもはやいことから、脇だけでなく全身にも使うことができます。製品によっては清涼感を感じられるものもあり、夏場は大活躍のアイテムです。但し、形状上、皮膚への密着度が低く、効果が長時間続きづらい性質があります。また飛行機移動の際は手荷物に入れて預ける必要があります。

ロールオンタイプやスティックタイプは携帯しやすい形状です。肌に直接つけるため密着度が高く、効果を感じやすいメリットがあります。しかし、肌に直接触れるということは衛生面での問題は避けられません。また乾くまでの時間がかかるものもあります。

より強力に消臭効果を持続させたい場合は、クリームタイプがおすすめです。肌に塗り込むため、長時間高い消臭効果を期待できます。但しこちらもクリームという形状上、乾くまでの時間がかかり、使用時に手や指が汚れてしまいます。

持ち運びの手軽さといえばシートタイプもよく使われます。さっと汗自体を拭き取ってしまえるため、脇の下をはじめ、汗をかきやすい部分を清潔に保ちやすくなります。また他のタイプに比べてベタつきの少ないものが多いようです。但し使った後にゴミが出ます。またシートタイプのものは、制汗作用はあまり期待できないようです。
この他にもパウダー状のもの、ミスト状のものと多くの形状の制汗剤が発売されています。

自分の汗のかき方や、普段の生活での利用法から自分にあった成分や形状の製品を選びましょう。

コメントを残す