ワキガの基礎知識

どうして臭うの?ワキガの基礎知識を学ぼう

脇汗をかくと誰しも汗のニオイが気になるものですが、普通の汗よりもより強いニオイを発する体質をワキガといいます。

ワキガは人に比べて体臭が強いということが原因では無く、汗腺の一つであるアポクリン汗腺から発する汗が皮膚常在菌に分解されることで強いニオイを発するために生じます。

人は皆、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の二種類の汗腺を持っていますが、アポクリン汗腺が多く、そこから強いニオイを発することがワキガの原因となのです。

ワキガは「アポクリン臭汗症」「腋臭症」などと医学的にも診断が下りるものです。

放っておいても悪い病気になったりしませんし、自然と直ったりすることもありません。

ただし、鼻を突くような非常に強いニオイを発するものなので、対人関係に問題をもたらすことが少なくありません。

ワキガの厄介なところは、自分では気づきにくいという点です。

ニオイというのは嗅いでいるうちに慣れてしまうものであることから、ワキガの人は自分の体臭に鼻が慣れてしまい、自分がワキガであることに気づかないことも多いのです。

しかし、人というのは他人のニオイには敏感ですので、たとえ毎日一緒に暮らす家族であっても、ワキガのニオイに慣れることはありません。

当然、家族以外の他人であれば余計にニオイに気づきますし、嫌なニオイは気分を不快にさせ、場合によっては吐き気を起こすこともあります。

ワキガであるということは、実は非常に深刻な問題なのです。

病気になることは無いから問題無いと対策をとらずに放っておくと人間関係に大きな支障をきたしますので、この点については理解しておかなければなりません。

欧米人に比べてアジア人はワキガの割合は非常に低く、人口の10~15%ほどとされています。

とは言っても、10人に1人がワキガであることも事実ですので、もしも自分のニオイが心配な場合には、家族や友人などにニオイに問題が無いかを尋ねてみると良いでしょう。

自分では気づきにくいものなので、他人に確認することが大切です。

ワキガは軽度なものであればデオドラントケアでカバーすることもできますが、深刻な場合には手術を行うべきでもあります。

どのように対処していくかはその人のワキガの程度によりますから、適切な対応をしていけるようにしましょう。

手術と聞くととても大がかりなイメージがありますが、ワキガの手術は日帰りで行えますし、それほど珍しいものでもありません。

一度行ってしまえば一生モノですから、深刻なワキガに悩む人は思い切って行ってしまった方が良いと言えるでしょう。

コメントを残す