脇汗パット多汗症

ワキガや汗の匂い対策に汗取りパットがおすすめ!

ワキガや脇汗に悩む人は、汗取りパットを活用するのがおすすめです。

汗取りパットは洋服の脇部分にシールで貼りつけてセットするアイテムで、貼っておくことで汗をかいても自然とパットが吸収してくれます。

濃い色の洋服を着ているときに汗じみを予防できることはもちろん、汗が洋服にしみつくのも防げるので便利です。

洋服にしみついた汗は乾いても臭いを放つものなので、特にワキガの人にとって汗取りパットが果たしてくれる役割は大きいでしょう。

汗取りパットが汗を吸ってくれることで、脇の臭いを防止できる、脇の蒸れを防げるなど、様々なメリットがあります。

消臭効果もあることから、利用するのとしないのでは大きな差が出てくるため、汗やワキガの臭いが気になる人には欠かせないアイテムです。

汗取りパットには、洋服に貼りつけるものの他、脇に直接貼り付けるタイプもあります。

脇汗パット直接貼るタイプ

湿布のように脇にぴったり貼りつけるタイプで、汗をダイレクトに吸ってくれるため、普通の汗取りパットでは心もとないという人にはぴったりです。

袖の短いTシャツを着用する時などは特に便利で、着る服を選ぶことなく汗取りパットを利用できるといったメリットもあります。

抗菌、消臭効果を備えているアイテムが多く、ワキガに悩む人には洋服に貼りつけるタイプよりもこちらのタイプの方が人気が高いです。

直接汗を吸ってくれる安心感があることから、脇汗をかくことに心配やストレスを感じる人は一層満足できるでしょう。

肌色タイプだけでなく透明で目立たないタイプもあることから、肩や脇が出るような服装でも利用しやすいです。

1枚1枚カットされているものやロールテープタイプで好きな大きさに切って使えるものなど、アイテムの種類も様々です。

汗取りパットはかいてしまった汗を吸い取ってはくれますが、臭いやベタつきを気にするのであれば、当然汗そのものを直接拭うのが一番です。

制汗シートなどと合わせて利用することで脇の状態をより快適に保てますので、汗取りパットだけで脇の悩みを解決しようとするのは間違いです。

また、大量に汗をかいた場合には、汗取りパットを適宜交換することをおすすめします。

1日OKといったアイテムが多いものの、大量の汗を吸えば当然、汗を吸ったり消臭したりといった効果は落ちてしまうからです。

特に、真夏の暑い日に朝早くから夜遅くまで外出するといった場合には、日中に一度取り換えておくとより快適でしょう。

一日の終わりに臭いや汗じみが気になってしまうといったことが無いよう、気を付けてください。

コメントを残す